もっと健康!ずっと健康!

健康に関する話題や情報、健康食品、グッズをご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★60健康食品名称変更を 厚労省が3社に指導★

★60健康食品名称変更を 厚労省が3社に指導★

 「さらさら」「圧ダウン」「快眠」など、健康食品の名称の一部に医薬品としての効能や効果をイメージさせる言葉が使われているとして、厚生労働省が健康食品メーカーのディーエイチシー(DHC、東京都港区)、ファンケル(横浜市)、小林製薬(大阪市)の三社に対し、計約六十品の名称変更を指導していたことが二十二日、分かった。

 大半はサプリメントと呼ばれる錠剤タイプの食品。三社はこのうち計五十四商品の名称変更を決め、ほかに九商品については販売を中止した。厚労省がこれほど大量の商品名変更を指導するのは異例。同省医薬食品局は「薬のような効能、効果を消費者に期待させる商品名は薬事法違反となる可能性がある。三社の商品には紛らわしい名称が特に多く、改善が必要と判断した」としている。

 変更はそれぞれDHC十九、ファンケル十八、小林製薬十七の商品。

 このうち高脂血症などが改善されて血液がさらさらになるイメージを与えるとされたのはDHCの「さらさら」、ファンケルの「さらさらサポート」、小林製薬の「サラサラヘルプ」。ほかに血圧を下げることを連想させる「圧ダウン」(DHC)や、よく眠れる効果があるとされるハーブを含んだ「快眠サポート」(ファンケル)、目に良いとされるブルーベリーが原料の「健視ヘルプ」(小林製薬)など。

 DHCは「要請を受け止め、薬事法の趣旨にのっとって見直した」と説明。ファンケルは「健康食品業界の健全化につながるととらえ指導に従った」、小林製薬は「国の指摘もあり、お客さまの誤解を招かないよう名称を改めた」としている。

【健康食品】栄養分の補給や健康増進などを目的とする食品の総称。法的な定義はなく、ほとんどが通常の食品と同様に流通している。医薬品と違い、効能や効果を表示することはできないが、国が有効性や安全性を認めた「特定保健用食品」だけは「おなかの調子を整える」などと一定の効果を表示できる。政府の推計では、市場規模が2000年の1・3兆円から10年には3・2兆円に拡大するとされている。

[2007年6月22日 中日新聞 夕刊]  より


●名前に惑わされないようにしましょう。


竹布タオル
写真のタオルは大人気の竹布タオル
写真のタオルは大人気の竹布タオル
竹虎(株)山岸竹材店

Top224x33バナー セコムの食 234×60
サントリー健康食品オンラインショップ おいしい「食」のショッピングサイト

DHCオンラインショップ
DHC-オンラインショップ

グリコネットショップ
あなたの知らないグリコです。

当店のホームページもご覧ください。

取扱品目(ごく一部です)
プチシルマ/CMでおなじみ、ゲルマニウムのパワーがコリ、痛みを癒します。/魔法のシャカシャカ活水ファミリーボトル/ヨガグッズ/ヨガマット/ご家庭用ラジウム岩盤浴マット「長生き」/ニューソルライド21/遠赤外線とマイナスイオンで髪も頭皮も傷めることなく素早くサラサラに/.【ここちひんやり】竹シーツ 孟宗竹使用 ダブルサイズ≪送料無料≫/然緑茶カテキン入り低反発マット(8cm厚)シングルと枕のセット/腰楽ヘルスチェア(座椅子) /ラジウム・ラドン・ミネラル温浴器 秘湯の郷土/


あなたが毎日健康に暮らせますように。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://silverkan55.blog13.fc2.com/tb.php/1469-84d9954a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。