もっと健康!ずっと健康!

健康に関する話題や情報、健康食品、グッズをご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★転倒予防:転ばない体をつくる 要介護になる原因の1割超が「骨折」★

★転倒予防:転ばない体をつくる 要介護になる原因の1割超が「骨折」★

転倒予防教室でストレッチをする参加者たち
=東京厚生年金病院で

 高齢者が転ぶと、骨折などで、そのまま寝たきりになりやすい。65歳以上では、「寝たきり」など要介護となる原因の1割以上が転倒による骨折だ。さらに、一度転んだ経験がある人は、再び転びやすい。一方、ストレッチ体操や日ごろの行動で、バランスや転倒回避力を養い、転ばない体づくりをすることが可能だ。「転ばぬ先の心がけ」を紹介する。【永山悦子】

 ■運動で予防

 60~80歳代の女性8人が椅子に座り、右足を前に出した。「さあ、足を伸ばして。かかとを着けて、つま先は上に。息を吐きながら、あごを前に出します。太ももの裏が伸びますよ。1、2、3……」。運動指導士の声に合わせ、女性たちがフーッと息を吐き出した。

 東京厚生年金病院(東京都新宿区)は97年から転倒予防教室を開く。これまでに約600人が参加した。平均年齢は約71歳。全8回の教室に隔週で通う。

 ストレッチに続きボール運動。片手でボウリングのように放る。「このように1歩踏み出す動きができれば、転ばずにすむ。高齢者にとっては難しい動きだが、こうやって遊びを通じて、自然に身につけてほしい」と、指導する柏口新二・整形外科部長は話す。

 教室は医師、看護師、運動指導士らが指導にあたり、参加者の体調に合わせたプログラムを準備する。同教室参加者のうち、入会前の1年間に転倒経験がある人は約4割もいたが、教室でトレーニングを受けた後の1年間に転倒した経験がある人は約2割に減った。入会者は、歩行速度や歩幅なども改善している。

 都内から通う女性(81)は、「帯状疱疹(ほうしん)ができてから動くのがつらくなった。でも、ここに来ると楽しくて、知らず知らずのうちに体を動かしてしまう。先生によると、私にも、まだ筋肉があるっていうんですから、頑張ろうと思いますよ」と笑顔で語った。

 ■「ひずみ」が原因

 04年の国民生活基礎調査によると、65歳以上の高齢者で介護が必要な状態になった原因は、1位が脳血管疾患(23・9%)、2位は老衰(17・2%)、そして3位が転倒による骨折(11・2%)だった。85歳以上では、転倒すると1年後には10人に1人が亡くなるとのデータもある。

 高齢者に転倒が増える理由について、武藤芳照・東京大教授(スポーツ医学)は「加齢、運動不足、病気という、体の中に生じた『ひずみ』が原因。最近は特に、運動不足によって、日常生活に必要な移動能力が衰えてしまうことが深刻だ」と話す。運動不足が続くと、「歩く」「またぐ」「上って下りる」という日常生活に不可欠な動きがおぼつかなくなり、転びやすくなる。転んで寝たきりになった高齢者は、「転んだから悪くなった」と言われることが多いが、武藤教授は「転倒は結果であり、転ぶほど体調が悪かったともいえる」と指摘する。

 薬の作用や副作用によって筋肉や神経の機能が落ち、転びやすくなることがある。いくつもの病院に通い、抗不安薬や睡眠導入薬などを複数飲んでいるケースもある。医師や薬剤師に相談し、必要な薬だけを飲むようにすることが必要だ。

 一度転倒すると、外出を怖がって家に閉じこもる高齢者が多いが、運動量が減り、かえって転びやすくなる。転倒防止には、段差の解消など生活環境の見直しとともに、体調を改善したり、転倒回避能力を身につけることが求められる。

 ◇基本は片足立ち

 ■意識しながら

 転びにくい体は、どのように作れば良いのか。

 武藤教授は「転倒予防7カ条」=表=を提唱する。「片足立ちは、すべての日常行動の基本。歩行や着替え、入浴、靴の脱ぎ履きなど、いずれも片足で身体を支える動きが含まれる。自分が使っている筋肉を意識しながら動かせば、より効果が期待できる。片足立ちが不安な人は、弱った足への負担を軽くするためにも、早めにつえを使ってほしい」と説明する。

 転倒予防に効果的なトレーニングは、正しい歩行とストレッチ、バランス訓練だ。まず、かかとから着地し、つま先で地面をけり、歩幅を広げて前を見ながらしっかり歩くことを覚える。

 あらゆる動きは、筋肉の伸び縮みが必要なので、筋肉の柔軟性を取り戻すことも大切だ。このため、ストレッチ体操で足、背中、脇の下などの筋肉を伸ばす。バランス力は、片足立ちやボール遊びなどで養える。

 東京厚生年金病院リハビリテーション科の岡田知佐子医師は「人とぶつかったり、段差につまずいても、踏みとどまる力があれば転倒しない。下半身だけではなく、全身を鍛えることが必要」と話す。

==============

 ◇転倒予防7カ条(武藤芳照・東京大教授による)

1 歳々年々人同じからず(人の体調は常に変化するということ)

2 転倒は結果である

3 片足立ちを意識する

4 転ばぬ先のつえ

5 無理なく楽しく30年(マイペースでできる体を動かす趣味を継続する)

6 命の水を大切に(水分を十分に摂取する)

7 転んでも起きればいいや

[毎日新聞 2007年9月14日 東京朝刊]  より


●骨だけでなく体全体をきたえましょう。


アルスラックゴールド(180粒)
アルスラックゴールド(180粒)

【風神さんのカイゲン健康食品オンラインショップ】
アルスラックゴールドはカナダ・北米から輸入した硫酸グルコサミンにボスウェリンをプラスした自慢の商品です。
階段や、ひざなど関節に不安のある方に。
カニの殻に含まれる成分の1つである「硫酸グルコサミン」に、ボスウェリア樹から取れる「ボスウェリン」を配合しました。
グルコサミンには、塩酸グルコサミンと硫酸グルコサミンがありますが、安全性・有効性ともに研究事例の多い「硫酸グルコサミン」を使用しています。欧米ではほとんどの商品で硫酸タイプが使用されています。
2つの成分がバランスよく配合されており、階段の登り降りが不安な方、ひざなどの関節に不安がある方におすすめいたします。
-------------------------------------------------------------
主要原材料/グルコサミン/ボスウェリン/黒胡椒ピペリン/還元麦芽糖水飴/ショ糖エステル/結晶セルロース/澱粉
-------------------------------------------------------------
栄養成分表示/硫酸グルコサミン 1,020mg/ボスウェリン酸 498mg/ピペリン
-------------------------------------------------------------
※ 1日の目安:6粒
風神さんのカイゲン健康食品オンラインショッ

プ
風神さんのカイゲン健康食品オンラインショップ

「毎日が発見ネット」
毎日が発見

当店のホームページもご覧ください。

取扱品目(ごく一部です)
超微細ハナビラタケ 「ハクホウリン」/.「フコイダン プレミアム」/トンガ王国産もずくから抽出した超低分子・高純度フコイダン/サンスター健康道場体験セット/コレカットライト(30缶)/参景天/株式会社アルテ/自然界が生んだ起爆剤/ネイチャーカーボン/竹炭と熊笹があなたの体をフレッシュアップ!/天使のひとみ/ルテインが明るくすっきりした生活を応援!/ケフィアヨーグルト/多くの乳酸菌と酵母が、美容と健康を維持してくれます/飲む低分子ヒアルロン酸スーパーオンディーヌ120MG /粉末青汁


あなたが毎日健康に暮らせますように。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://silverkan55.blog13.fc2.com/tb.php/1637-d501ee3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。