もっと健康!ずっと健康!

健康に関する話題や情報、健康食品、グッズをご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★「ピロリ菌で胃がん」確認★

★「ピロリ菌で胃がん」確認★

ピロリ菌で胃がん確認

「ピロリ菌で胃がん」確認
北大グループ マウス実験で

 胃の中に感染したヘリコバクター・ピロリ菌が作り出す「CagA」というたんぱく質が、胃がんや小腸がんを発症させることを、北海道大の研究グループがマウスを使った実験で証明した。

 ピロリ菌とがんとの関連は、生体から取り出した細胞を使った実験などでは認められていたが、CagAによる発症を生きた動物で確認したのは世界で初めて。8日、全米科学アカデミー紀要(電子版)で発表した。

 人間をピロリ菌に感染させる研究は倫理的に認められないが、一方で、動物はピロリ菌に感染しにくい。そのため、同大遺伝子病制御研究所の畠山昌則教授らは、マウスの遺伝子を組み換えて、ピロリ菌が出す特殊なたんぱく質「CagA」を自ら生み出す遺伝子改変マウスを作り出した。

 CagAは、胃粘膜の細胞を異常増殖させて胃がんを引き起こすたんぱく質として、最重要視されていた。300匹以上の遺伝子改変マウスの発がん率を調べた結果、生後1年半以内に約5%が胃がんや小腸がんを発症したほか、約10%は白血病やリンパ腫(しゅ)を発症した。正常なマウスはがんを発症せず、ピロリ菌が発症の原因となっていることが明確に表れた。

 畠山教授は「ピロリ菌が出すCagAで、マウスが実際にがんになることが証明された。胃がんの予防法、治療法の確立に役立つことを期待している」と話している。

 ピロリ菌 胃の粘膜にすみつく細菌で、胃酸による強い酸性下でも生きられる。この菌が胃炎や胃かいようなどの引き金になることを明らかにした西オーストラリア大のバリー・J・マーシャル教授らは、2005年のノーベル生理学・医学賞を受賞した。


[読売新聞 2008年1月8日]  より


●胃がんの発見方法がまた進歩しましたね。


★ビューティーZ★

ビューティーZ
アセチルフコイダンを使用した唯一のシリーズ!
フコイダンZはこんな方にお勧めです。
■生活習慣病が気になる方/■病弱な方/■胃腸の弱い方/■心身の疲労を感じる方/■ダイエットをしたい方
■外食・インスタント食・肉食が多い方/■野菜不足(嫌いな)方/■美しさと若々しさを保ちたい方
【美容・健康の悩みはビー・エイチ・ラボ】

サントリー健康食品オンラインショップ
サントリー健康食品オンラインショップ

当店のホームページもご覧ください。

取扱品目(ごく一部です)
メタボパートナー/甜茶エキスプラスしその実油(花粉症対策の決定版!)/排尿時の不快感が気になりはじめたら [快通水エース]/タンパク制限食A定期14食コース/ジャーム・ディフェンス 6個セット/深海魚エキス/魚油軟咬嚢/嫌煙ガム(レモン味)/ヴィヴィ 30+/アルコール中和剤/クロスゼロ/高麗紅参切片ROYAL 


あなたが毎日健康に暮らせますように。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://silverkan55.blog13.fc2.com/tb.php/1870-2c2a5510
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。