もっと健康!ずっと健康!

健康に関する話題や情報、健康食品、グッズをご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★抗がん剤原料の猛毒もつ植物、なぜ平気? 副作用減に道★

★抗がん剤原料の猛毒もつ植物、なぜ平気? 副作用減に道★

キジュ(喜樹)

 大腸がんや肺がんなどに使われる抗がん剤イリノテカンの原料になる猛毒カンプトテシンをもつ植物が、自らは中毒を起こさない仕組みを千葉大学の斉藤和季教授(植物細胞分子生物学)らが突き止めた。この仕組みを応用すれば、薬を大量生産したり、副作用を抑えたりする方法が開発できる可能性がある。今週の米科学アカデミー紀要(電子版)に発表される。

 イリノテカンは、中国原産の落葉樹である喜樹(きじゅ)や南西諸島のクサミズキの葉からカンプトテシンを抽出、精製して製造している。これらの植物は、動物に食べられないためや近くにほかの植物が生えないようにするためにカンプトテシンをつくるよう進化したと考えられる。

 薬の大量生産には酵母や大腸菌の遺伝子に原料の遺伝子を組み込んでつくらせる方法がある。しかし、カンプトテシンができるとその毒で、酵母や大腸菌が死んでしまう。

 斉藤教授らは、カンプトテシンをつくるチャボイナモリという植物では、酵素の遺伝子に、特殊な変異があることを見つけた。喜樹の酵素にも同じ変異があった。同じ変異を酵母の酵素に人為的に起こすと、カンプトテシンがあっても酵母は増え続けた。そこで、この方法を応用すれば、イリノテカンを短期間に大量生産できる可能性があるという。(鍛治信太郎)

[2008年4月30日/朝日新聞]より


●すごい発見ですね。


★【大腸のための郵送検診キット】★

【大腸のための郵送検診キット】 最近の排便状態が気になる方へ!
【大腸のための郵送検診キット】 【大腸のための郵送検診キット】 最近の排便状態が気になる方へ!
2,940円

欧米型食生活のあなた!心あたりありませんか?
Ads by 電脳卸
近年、食生活の欧米化により大腸がんが急激に増加しています。
血便、便が細くなる、残便感、腹痛、下痢と便秘の繰り返しなど、
排便が何かおかしいなと思ったら検査を受けることをおすすめします。
早期発見により治療することができます。
不安なあなたもこの検査キットで安心!!
【アルバの郵送検診キット】

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)
Oisix(おいしっくす)

当店のホームページもご覧ください。

取扱品目(ごく一部です)
牛乳パンと朝食セット/チア&カカオ 71%バー/プロポリス キャンディ/ハナトール/いきなり杜仲茶/百暦還源液 一滴の極/毎日大豆青汁/アルティンゼロ/ラブレ菌/ラブレワールド/ミリオンの緑黄色野菜ジュース


あなたが毎日健康に暮らせますように。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://silverkan55.blog13.fc2.com/tb.php/2094-c4d90fa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。