もっと健康!ずっと健康!

健康に関する話題や情報、健康食品、グッズをご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★やせている人でも生活習慣病になる危険★

★やせている人でも生活習慣病になる危険★

参考資料

メタボ健診の改善指導対象外

 太っている人だけでなくやせている人でも、心筋梗塞(こうそく)などの生活習慣病になる危険があることが、大阪府立大の研究グループの大規模調査で分かった。

 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を指標に4月から始まった「特定健診・保健指導」(メタボ健診)では、おなかが出た人に生活習慣の改善を促すことになっているが、太っていなくても注意が必要な場合がありそうだ。

 研究を行ったのは、同大総合リハビリテーション学部の今木雅英教授(栄養療法学)らのグループで、2000~04年度に大阪府内で行われた住民健診のうち、40歳以上の延べ約6万人の健診結果を分析した。

 感染症の検査などに使われ、心筋梗塞との関係も指摘されている「CRP」という血液中に含まれるたんぱく質と、メタボ健診の診断項目である、肥満度、血圧、血糖、脂質との関係を調べた。

 CRPの値「0・2mg/dl」を基準に、それより高い人とそれ以下の人に分けて、腹囲を除く2項目以上が、メタボの基準を上回っている人の割合を調べたところ、CRPの高い人は、低い人より男女合わせて1・7倍ほど高かった。

 肥満度との関係では、男女とも肥満の場合、適正体重の人よりCRPが高い人が多かった。また、男性では、「やせ」の人でもCRPが高い傾向があった。例えば03年度の場合、CRPが高かった人は、適正体重が18・2%なのに対し、肥満が21・9%、やせが27・7%だった。

 メタボ健診では、メタボかその予備軍と診断されると、保健師などから生活習慣の改善指導が行われる。しかし、基準である腹囲が男性85センチ、女性90センチに満たないか、肥満でなければ、血圧や血糖値などが高くても生活習慣改善の指導は行われない。

 今木教授は、「研究結果から、CRPが高ければ体格に関係なく、生活習慣病になる危険が高いと言える。CRPは血液検査で簡単に測れ、将来的に生活習慣病になる危険があるかどうかをみる指標になる」と話している。


[2008年6月15日 読売新聞]より


●メタボは体型ではないのてしょうか?


★メタボパートナー3個セット★

メタボパートナー3個セット 
【送料無料!!】メタボパートナー3個セット 【送料無料!!】メタボパートナー3個セット (01)
12,537円

杜仲茶エキス、黒ウーロン茶エキス、HPエキス配合のサプリメントです。 【Blue-Lagoon】
Ads by STMX
杜仲茶エキス、黒ウーロン茶エキス、HPエキス配合のサプリメントです。
【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Blue-Lagoon】

DHCオンラインショップ
DHC-オンラインショップ

当店のホームページもご覧ください。

取扱品目(ごく一部です)
アルスラックゴールド(180粒)/プエラリア・ハーバルサプリメント/女性らしい、理想的なバストアップを応援!/驚異の抗酸化サプリ「アルファリポ酸」!/飲む若返りセルマトリックス/『抗酸化サプリ』が花粉対策の完全サポート/アクアQ10+マカ/(株)高陽社/長寿の国の乳酸菌『ナリネ菌』/生きたまま腸に届く乳酸菌/【日本名:エゾウコギ/英名:シベリア人参・エレウテロコックス/中国名:刺五加】/カテキンAPダイエット/豆乳工房/豆乳からはじめる健康家族♪/


あなたが毎日健康に暮らせますように。


#50 不妊治療 初産30歳時代を前に
/医療ルネサンス by 読売新聞

Windows Media Player

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://silverkan55.blog13.fc2.com/tb.php/2190-c33d5302
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。