もっと健康!ずっと健康!

健康に関する話題や情報、健康食品、グッズをご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★掃除機の排気にご注意…微粒子でアレルギーのおそれ★

★掃除機の排気にご注意…微粒子でアレルギーのおそれ★

食品と暮らしの安全 へ
相変わらず掃除機の排気は汚い

 東京都が行った家庭用電気掃除機の商品テストで、機種によって0・3マイクロ・メートル(1マイクロ・メートルは1000分の1ミリ・メートル)以上の微粒子が、1リットルの排気中に約120万個含まれていることが分かった。健康被害を引き起こす可能性があり、都生活安全課は、部屋の十分な換気を呼びかけている。

 同課は、国内6メーカーの6機種と海外2メーカーの2機種(約1万3000円~約8万4000円)のテストを実施。日本工業規格(JIS)では、家庭用電気掃除機に関し、排気中の5マイクロ・メートル以上の粒子を測定することを規定している。ところが、アレルギーを引き起こす物質の粒子はさらに小さく、韓国では今年1月から0・3マイクロ・メートル以上の粒子を測定するようになった。

 そこで同課では、テスト用のちりを掃除機に吸引させ、排気1リットル中に、0・3マイクロ・メートル以上の微粒子がどれだけ含まれているかを調べた。

 「微粒子を捕集可能」と表示してある3機種では、165~約10万個を測定。一方、そうした表示のない5機種は約12万~約120万個の粒子を排出しており、機種により最大約7000倍の差があった。掃除機から排出される微粒子が、建築物中の粉じんの量に関する国内基準の5000倍を超す機種もあった。微粒子は、呼吸時に気管を通り抜けて気管支や肺に達し、様々な健康への影響が懸念される。

 また、微粒子を多く排出する掃除機を使った場合、換気をしても、排気された微粒子が室内を30~60分程度浮遊していることもわかった。同課では「掃除機の使用後も窓を開けておくなど、換気を徹底してほしい」と話している。

 今回のテスト結果を受け、都は、日本電機工業会に対して掃除機の排気中の微粒子を減らすよう要望。また、経済産業省に対しても、微粒子の排気に関する規格を現状より厳しくするよう求めた。


[2008年7月18日 読売新聞]より


●掃除機もですか。


★ニューファインサイクロン2(W)★

ニューファインサイクロン2(W)
紙パックを使わない本格派サイクロン掃除機
---
【電源】100V(50/60Hz)
【消費電力】1000W
【吸込仕事率】300W 【集塵容量】1.2L
【運転音】69dB
【寸法】本体:369×257×265mm
【重量】3.9kg
【コード長さ】5m
【付属品】フロアブラシ、カーペット用ブラシ、ダブルノズル(すき間・角ブラシ兼用)、階段用ノズル、ホース、延長パイプ
【Blue-Lagoon】

朝までクール枕用icon
「毎日が発見ネット」朝までクール枕用(4,900円)

当店のホームページもご覧ください。

取扱品目(ごく一部です)
アルスラックゴールド(180粒)/プエラリア・ハーバルサプリメント/女性らしい、理想的なバストアップを応援!/驚異の抗酸化サプリ「アルファリポ酸」!/飲む若返りセルマトリックス/『抗酸化サプリ』が花粉対策の完全サポート/アクアQ10+マカ/(株)高陽社/長寿の国の乳酸菌『ナリネ菌』/生きたまま腸に届く乳酸菌/【日本名:エゾウコギ/英名:シベリア人参・エレウテロコックス/中国名:刺五加】/カテキンAPダイエット/豆乳工房/豆乳からはじめる健康家族♪/


あなたが毎日健康に暮らせますように。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://silverkan55.blog13.fc2.com/tb.php/2252-08158667
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。