もっと健康!ずっと健康!

健康に関する話題や情報、健康食品、グッズをご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★東大とNPO「共想法」で認知症予防★

★東大とNPO「共想法」で認知症予防★

写真を手がかりに楽しく会話することで
認知症予防をめざす市民研究員たち

写真で記憶を呼び覚ます


 東京大の大武美保子准教授(サービス工学)は、千葉県柏市で認知症予防に取り組んでいる。平均年齢70歳の市民研究員14人と、NPO「ほのぼの研究所」を今年7月に設立。大武さんが開発した「共想法」という手法を使って、認知症予防の研究と、普及を行う。

 「受付は込んでいて盛況でしたね」「案内用の矢印が工夫され、分かりやすかった」。地域交流センターに集まった研究員たちが、NPO設立の記念集会の写真を見ながら発表を始めた。一見普通の反省会のようだが、これも共想法の一環だ。

 共想法では、「好きなおやつ」「趣味」などのテーマを決めて写真を持ち寄り、聞き手と話し手が交代しながらグループで会話する。週1回4週間続け、5週目にこれまでの写真を見せて、誰がどんなテーマで話したか、思い出せるか測定する。

 大武さんは、認知症の祖母と接した経験から、写真を手がかりにすると会話が弾み、記憶が呼び覚まされることに注目。新たな認知症予防法として発展させた。

 認知症予防には、出来事を時系列で覚える「エピソード記憶」と、複数の事柄に注意を配る「注意分割力」、計画を立てる「計画力」の三つの認知機能を刺激する活動が有効とされる。共想法は、自分の体験をテーマに話題を計画し、複数の聞き手に注意を向けることで、この三つを効果的に使えるように工夫した。

 予防効果は検証中だが、写真を用いることでコミュニケーションが活発になる効果は明らかだ。

 研究所自体は、NPOとなる1年前から活動しており、これまでに約100人の市民が共想法に参加した。NPO副代表理事を務める最高齢の長谷川多度(よしのり)さん(84)は「共想法はまだ新しく、ベンチャー企業を担うような気持ち。みんなが適材適所で能力を発揮し、活動に充実感がある」と元気いっぱい。3年前にくも膜下出血で倒れ、認知症に不安を感じて参加した田口良江さん(70)も「退院直後は人前に出るだけで不安だったのに、研究所で発表したり講座の手伝いをするうち、少しずつ積極的になれた」と話す。

 大武さんは「市民と一緒に研究を根付かせて、高齢者も安心して暮らせる街づくりに貢献したい」と意気込んでいる。(片山圭子)


[2008年09月24日 読売新聞]より


●いいことですね。


★【クルクミン99】★

【クルクミン99】肝機能回復・アルツハイマーの予防に
ウコンの黄色い成分、それが「クルクミン」---内容量:1個:250mg×240粒
【AKUSTO(アクスト)】

セコムの食
セコムの食

当店のホームページもご覧ください。

取扱品目(ごく一部です)
100%アロエ 3.8リットル 4本セット/米国発明協会ブルーリボン賞受賞/「薩摩重久家伝承 特選黒酢もろみ」/あの黒酢より約50倍ものアミノ酸が多く含まれている/シーフコイダン/トンガ産天然もずくエキスの/.「イミュノカル」/人間の免疫系を高めるミルクです。/まいたけをメインとした健幸食品/「まいたけ幸酢/.『ビタミンC!』/.『フィトグリーン』/サビた身体をリフレッシュ!/健康鮫(深海鮫肝油) スクワレン/ コエンザイムQ10&ビタミンC+E/ハイパースリムキューブ/シーフコイダン/オーラ 本格岩盤浴ホームセット HSP-1/


あなたが毎日健康に暮らせますように。


#54 糖尿病 患者たちの明るい挑戦
医療ルネサンス by 読売新聞

Windows Media Player

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://silverkan55.blog13.fc2.com/tb.php/2391-7411db3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。