FC2ブログ

もっと健康!ずっと健康!

健康に関する話題や情報、健康食品、グッズをご紹介します。

脳卒中・「死の四重奏」

★脳卒中・「死の四重奏」

虚血性心疾患や脳卒中に関して、とくに危険な因子とされるのが、つぎの4つです。

1.耐糖能異常(糖尿病と正常の境界域・糖尿病予備軍)
2.高血脂症(特に中性脂肪の多すぎ)
3.高血圧
4.肥満(特に上半身の肥満)

危険因子は、重なるほど危険が高くなりますが、これら4つはとくに「死の四重奏」として恐れられています。
これらがいずれも異常と診断された人の場合、虚血性心疾患や脳卒中になる可能性が、いずれも正常な人の約30倍以上という高率になるといわれています。
これらの項目を、一つずつでも減らしていく必要がありますね。

からだサラサラ・飲む「米紅麹3000」/「ドロドロの元」が気になる方に
からだサラサラ・飲む「米紅麹3000」【心とからだの健康館 さわやか21】
日本人30歳以上の4人に1人は「ドキドキ圧が高め」」と言われています。
また「ドキドキ圧が高め」になりやすい遺伝子を持っている人は約90%もいます。
さらに、塩分を多く採った食生活、ストレス、等の多くの要因によつて現代は「ドキドキ圧が高め」になりがちです。また、「ドキドキ圧が高め」は合併症を起こしやすい病気でもあります。
 (中略)
 そして、日本でも、健康食品としての「紅麹」が注目されるようになってきました。
 さて、紅麹とは一体どのようなもので、どのような働きをするのでしょうか?
 紅麹のすべてをご紹介します。
“体内で、これ以上「ドロドロの元」を作らせない”
と、『米 紅 麹(こめべにこうじ)』は、雑誌 クロワッサンで紹介されました
沖縄の珍味、豆腐ようの赤い色が、まさに紅こうじの色。
酒、味噌、醤油などを作る時に使用されるこうじの一種で、モナコリンKという成分を含んでいる。
モナコリンKは肝臓で「ドロドロの元」が合成される際の酵素の働きを防ぐ。
結果、コレステロールも中性脂肪も体外に流れ出てしまう。
成分
紅麹にはモナコリンという特殊成分が含まれていています。
また紅麹には他にも身体に良い成分も併せて見出され,健康食品素材として注目されています
安全性
紅麹は、漢方薬だけでなく、醸造用麹や食用の着色や保存料として利用されているほか、400年以上もの長い間多くの人々に食されてきました。
「米紅麹」は従来からの麹の製法にこだわり固体培養法を用いてお米から生産されています。安全性は長年の伝統による確認のほか、科学的な試験により確認されています。

参考資料:生活習慣病を知ろう! 厚生労働省健康局生活習慣病対策室


当店のホームページもご覧ください。

取扱品目(ごく一部です)
「自然で元気で酢!」/スーパーヤマブシタケ/健康食品のミナミ/天然チャーガ濃縮エキス粒【大地180】/いま話題のキノコパワー!ロシア産/スーパー・グルコサミン1500/グルコサミン含有食品/プロアクトの栄養補助食品「健康食品」/京・出町柳『粉末寒天』 500gお徳用/各種健康茶/「健康食品オンラインショップ」/「もろみしぼり酢」/疲れ目やかすみ目が気になる方にブルーベリーアイ! /セサミンEプラス/若々しさを保ちたいすべての方に。/


あなたが毎日健康に暮らせますように。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://silverkan55.blog13.fc2.com/tb.php/24-d30ff9d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)